被曝後のこれからを考える 子どもの健康と被曝について 『黒部信一講演会』のお知らせです

  • 2014.09.25 Thursday
  • 18:53

被曝後のこれからを考える 子どもの健康と被曝について
 

原発事故から3年半が過ぎました。放射能は今も大量に放出され、大気や海洋を汚染し続けています。ますます厳しい状況下に暮らす私たちは、被曝の影響から身を守るために、なにを学び、実践すべきなのでしょうか。低線量被曝を続ける子どもたちの健康を最優先に守るため、長年に渡り、内部被曝の影響から子どもを守る取り組みをされて来た、小児科医の黒部信一先生をお招きし、お話をして頂きたいと思います。
 
講演会の後には、トークセッションの場を設け、原発事故からの、子どもたちが置かれている状況を振り返りながら、私たちは今、子どもたちの未来のためになにをすべきなのかということを、多くの市民のみなさんと考え、話し合いたいと思います。
未来の子どもたちの健康と幸せを願うみなさんのお越しを、心より、お待ちしております。

トークゲスト 菊池純子・佐藤和良・鈴木さおり


2014年10月12日(日) 開場13:00 開演13:30 終了16:30

場所:いわき市文化センター
   いわき市いわき市平字堂根町1-4

アクセス:最寄駅 JR常磐線いわき駅 徒歩10分 駐車場:69台

参加費:無料

主催:NPO法人いわき放射能市民測定室

問い合わせ:電話/Fax 0246-92-2526
              Eメール tarachine@bz04.plala.or.jp



 

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM