スポンサーサイト

  • 2020.01.28 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    新プロジェクト始動に向けて準備中です

    • 2013.04.16 Tuesday
    • 15:15
     新学期が始まりました。

    PTA総会が終わり、どんどん行事が行われていく中で、やはり心配なのは子どもの環境のことです。

    除染については線量によって、順番に行われていると聞いていますが、除染をしたからといって放射性物質がなくなるわけではありません。

    空間線量では土壌の汚染度は分かりません。

    土壌のメッシュ調査を求めるという私たちの思いはいつ叶うのか、その間にも子どもたちは被曝を重ねています。

    震災後、その年の春から、すでに部活動が再開し、今までと同じように屋外で練習に励む生徒の姿を、悲しい思いで見ていた保護者もたくさんいたと思います。

    腕立て伏せ、腹筋、マラソン・・・。

    砂煙を上げながらの野球やサッカー・・・。

    根性でなんとかなるものではないと思いますが、そんなことをおっしゃるコーチもいたと聞いています。

    いろんなことの問題がすり替えられ、言うに言えない状況がずっと続いているというのが、母親の悲しみの原因ではないでしょうか。

    直接校庭に体育座りをさせることによる生殖器の被曝なども、心配する声はたくさん届いています。

    しかし、クラスでひとりだけ屋外活動をさせないという選択に、子どもはもう限界を感じているのではないでしょうか。

    被曝するとは分かっていても、子どものメンタルを守るため、みんなと同じように屋外活動をさせることにした。

    もう、今となってはそんな状態ではないでしょうか。

    私たちは、心か身体かではなく、どちらも守られることを望んでいるのですが・・・

    全ての子どもが守られるようにと、行政に対策を求めていますが、一向に進みません。

    そこで!!

    私たちにできることがあるのなら、行政に求めることと同時に、自分たちもどんどん動いて行きませんか?

    私たちは、具体的な取り組みとして、『測定プロジェクト』の立ち上げに向けて話し合いを進めています。

    子どもたちの身近な環境を測定して、実際の汚染度を調べ、教育の現場や行政に対策を求めていけたらと思っています。

    【いわき放射能市民測定室たらちね】さんのご協力のもと、ママさんパワーを結集して、どんどん進めていけたらと思っています。

    校庭、園庭、公園、お散歩コース、通学路などなど

    気になるところはいろいろだと思いますが、実際どうなのか、確かめてみませんか?


    他には、教育の現場の対応について、実際にはなかなか声が上げづらいというママたちの声がたくさん寄せられています。

    頑張り続けているママたちも、精神的に限界を迎えており、そんな辛い状況を涙で語るママも少なくありません。

    どうか、一旦その場面から降りて、私たちと共に別の道を探りませんか?

    ここには仲間がたくさんいますよ!

    みんなひとりひとりは子どものことで不安を抱えてはいますが、話す場があることで、対策を計画することで、状況は全く違ってくると、そんな風に話してくれています。

    そして・・・イベント等に参加した方には伝わったかと思いますが、みんなそれぞれが至ってゆるやかな雰囲気で参加しています。

    こういった場は、なんとなく厳しい空気が漂っているのでは・・・?と思われるかもしれませんが

    全くもって逆です。

    鎌仲監督も、おしどりマコちゃん、ケンちゃんも、『なにこれ!!いわきってなんでこんなに明るくっておもいろいの!!』と、そんな感想をプレゼントして下さいました。

    私たち、ほんとに楽しくわいわいしていますので、お気軽に様々なプロジェクトに参加して頂ければと思います。

    『アンケートプロジェクト』というのも企画中です。

    教育の現場によって対応がまちまちであることは分かってきましたが、とても信じられないような事例も存在し、それは改善を求めるべきだと思うような内容です。

    そういったことを洗い出す意味でも、私たちママ発信のアンケート調査を行っていけたらと思っています。

    例えば給食について、屋外活動について、アンケートを取ってほしいと何度求めても、行ってもらうことができない学校がたくさんあります。

    自分の子どもだけではないかという思いから、多数派に属させることを選択するしかない。

    でも、実は思っているほど私たちの思いは少数ではないということが、保養の利用の状態などを見るとわかってきています。

    そのような声を、どんどん表に出すことによって、自分の選択や考えに自信を持つことができるような、そんな方向性を作っていければと思っています。


    私たちの、このような具体的な取り組みに、是非参加してみたい!という方の、お問い合わせ、ご連絡をお待ちしています。

    お問い合わせ・連絡先:maeveherb2@yahoo.co.jp

    いわきの初期被曝を追及するママの会事務局


    子育て中のママたちは、どこにでも子どもを連れて行かなければならず、今まで行われてきた数々の講演会や勉強会にも、参加したくてもなかなか参加できないというもどかしさがありました。

    託児を頼めば、費用がかかります。

    この活動については、そのようなママの声に応えるためにも、なるべく託児を設けて、多くの子育て中のママにこそ、どんどん学んでもらえる場を作っていきたいと考えます。

    カンパを受け付けるための口座を設けましたので、ご協力をよろしくお願い致します。

    ゆうちょ銀行 
    【記号】 18270
    【番号】 20289701
    イワキノショキヒバクヲツイキュウスルママノカイ

    他の金融機関からの振込の場合
    【店名】 八二八(読み ハチニハチ)
    【店番】 828 
    【預金種目】 普通預金
    【口座番号】 2028970

     私たちの活動を支えて下さっている方々へ、感謝の気持ちを込めて、お名前を紹介させて頂いております。

    〜私たちの活動を支えて下さっている方〜
    http://iwakinomama.jugem.jp/?eid=13

    心より、感謝申し上げます。


    ※ご支援頂いている方々を、差し支えなければ紹介させて頂きたいと思います。メールにて、公表の有無をお知らせ頂けますようお願い致します。
    メールを頂けない場合はイニシャルにて掲載させて頂きます。

    maeveherb2@yahoo.co.jp(いわきの初期被曝を追及するママの会)


    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM