スポンサーサイト

  • 2020.01.28 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    9/21 原発事故被害者の救済を求める全国集会 in 福島

    • 2013.09.18 Wednesday
    • 17:21

    http://www.foejapan.org/energy/evt/130921.html

    〜子ども・被災者支援法の幅広い適用と早期実施を 賠償の時効問題の抜本的な解決を〜


    東京電力福島第一原発事故は、事故以来2年以上が経過しても、いまだ大量の汚染水の流出が続いており、収束の見通しがたっていません。先のみえない状況に原発被害者は、疲弊と困難を極めています。

    こうした中、昨年6月に制定された「原発事故子ども・被災者支援法」は、被害者一人ひとりの選択する権利を保障し、幅広い支援策を講じることを定めていますが、いまだに実施されていません。

    また、原発事故の被害についての損害賠償の請求権が、来年3月には時効消滅してしまうという問題があります。現在の法制度では、救済されない被害者が数多く存在します。

    これらの問題を解決するため、福島県内外の当事者や支援者が立ち上がり、幅広く連帯して声をあげていきましょう。国に対して、支援法の実施や、損害賠償請求の時効問題の解決を求めていくために、請願署名もはじめます。私たち一人ひとりが当事者です。ぜひお集まりください。

    *入場無料・申込不要

    チラシはこちら[PDF]
    日時 2013年2013年 9 月 21 日(土)13:00〜16:20
    会場 福島県文化センター大ホール >地図
    福島県福島市春日町5-54.

    ※福島駅東口バス乗り場(9番)より市内循環バス(1・2コース)に乗車、『文化センター入口』停留所下車。徒歩5分

    プログラム
    (予定)
    敬称略

    13:00 開演
    ・実行委員会代表挨拶
       …佐藤和良(いわき市議会議員・原発事故子ども・被災者支援法推進自治体
         議員連盟共同代表)
    ・呼びかけ人からの挨拶 
       ・・・小池達哉(福島県弁護士会会長)
       ・・・野々山理恵子(パルシステム東京理事長)
    ・問題提起1 「支援法の現状」 
       ・・・福田健治(弁護士、福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク)
    ・問題提起2 「時効問題の現状」 
       ・・・的場美友紀(日本弁護士連合会・弁護士)
    ・問題提起3 「求められる健康管理体制の確立」 
       ・・・木田光一 (福島県医師会副会長)
    ・被災当事者スピーチ
       ・・・千葉由美さん(いわきの初期被曝を追及するママの会共同代表)
       ・・・宇野朗子さん(福島市から京都に避難)
       ・・・長谷川 克己さん(郡山市から静岡に避難)
       ・・・太田 茂樹さん(子どもたちを放射能から守るみやぎネットワーク代表)
       ・・・高野 光二さん(南相馬市小高区から原町区に避難) ほか
    ・前半のまとめ
       ・・・栗田暢之(NPO法人レスキューストックヤード代表理事)
    14:30 <休憩> 亀山ののこさん写真スライドショー/ライブ(清野智之さん)

    15:00 来賓挨拶と決意表明  
    15:30 論点整理 ・・・ 海渡雄一(弁護士・日弁連災害本部副本部長)
    15:40 行動提案
    1.全国500万人署名運動
       ・・・篠原恭子(原発事故子ども・被災者支援法宮城フォーラム実行委員会)
    2.当事者団体の全国的連携 
       ・・・中手聖一(原発事故子ども・被災者支援法市民会議代表世話人)
    3.自治体からの発信
       ・・・蛇石郁子(郡山市市議会議員)
    4.関東での取り組み ・・・阿部治正(放射能からこどもを守ろう関東ネット)
    5.子ども・被災者支援法を活かしていこう ・・・満田夏花(FoE Japan理事)
    16:20 閉会

    主催 原発事故被害者の救済を求める全国運動実行委員会
    問合せ

    早稲田リーガルコモンズ 法律事務所
    東京都千代田区九段北1-4-5 北の丸グラスゲート5階
    TEL : 03-6261-2880(平日・日中) FAX : 03-6261-2881

    国際環境NGO FoE Japan 
    東京都豊島区池袋3-30-22-203 
    TEL: 03-6907-7217(平日・日中) FAX: 03-6907-7219


    ※会場敷地周辺の放射線量は2013年8月13日計測で0.13〜0.73μSv/hでした。防護策を念頭にご参集お願いいたします。

    ※原発事故被害者の救済を求める全国運動実行委員会
    ◆共同代表:
    宇野朗子(福島から京都に避難)
    小池達哉(福島県弁護士会会長)
    佐藤和良(いわき市議会議員)

    ◆呼びかけ人:
    市村高志(とみおか子ども未来ネットワーク理事長)
    伊藤恵美子(子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク)
    宇野朗子(福島市より京都に避難)
    海老原夕美(日本弁護士連合会副会長)
    大石雪雄(西郷村議会副議長)
    大内雄太(福島市議会議員)
    大賀あや子(大熊より会津若松に避難)
    大波栄之助(小国地区復興委員会委員長)
    落合恵子(作家)
    鎌田慧(ルポライター)
    片岡輝美(会津放射能情報センター)
    亀山ののこ(写真家)
    河崎健一郎(福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク共同代表)
    菅野喜明(福島県伊達市市議会議員)
    木田光一(福島県医師会副会長)
    栗田暢之(レスキューストックヤード代表理事)
    小池達哉(福島県弁護士会会長)
    小島力(葛尾村原発事故賠償集団申立推進会代表)
    小松恒俊(南相馬市ひばり地区復旧・復興対策協議会会長)
    佐藤和良(いわき市議会議員・原発事故子ども・被災者支援法推進自治体議員連盟共同代表)
    佐藤健太(飯館村村民)
    佐藤富男(西郷村議会放射能対策特別委員会委員長)
    菅野美成子(伊達市在住)
    高橋文郎(福島県司法書士会会長)
    高野光二(福島県議会議員)
    中手聖一(原発事故子ども・被災者支援法市民会議代表世話人)
    野口時子(3a!郡山)
    長谷川克己(福島より静岡に避難)
    藤田和芳(株式会社大地を守る会代表取締役)
    蛇石郁子(郡山市議会議員)
    増田薫(放射能からこどもを守ろう関東ネット代表)
    丸山輝久(原発被災者弁護団弁護団長)
    満田夏花(国際環境NGO FoE Japan 理事)
    武藤類子(福島原発告訴団団長)
    山内鉄夫(日本司法書士会連合会副会長)
    山澤征(南相馬市小高区行政区長連合会会長)
    山本伸司(パルシステム生活協同組合連合会理事長)
    湯浅誠(社会運動家)
    渡部紀佐夫(南相馬市太田復興会議会長)

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM